2017年4月

シアターねこ新聞VOL.36(04.28発行)

36 号

  • 「凪の砦」を観て(あらいみどり)
  • 東京から松山へ(小嶋一郎)
  • 音楽のセンスが素晴らしい(世界劇団「班女」感想)
  • 戯曲を読む3 商業演劇にあからさまな挑戦(大沢絋一)
  • chon-muop『○口なし』について(chon-muop櫻井拓見)
  • 5・6月 シアターねこイベントスケジュール
  • 2017年度シアターねこ劇場支援会員募集


おしゃべりねこvol.18 4/15 16:00~17:30 「生きる力と希望ー悪童日記ー」

1年振りの「おしゃべりねこ」です。

今回は「悪童日記」の演出家・山口茜さんと哲学者・壽卓三(愛媛大学教授)さんの対談を企画しました。

なんだか硬いと思われそうですが、内容は至って身近な言葉で語られます。

「悪童日記」に登場する双子の兄弟の、常軌を逸する悪童ぶり・・・

なぜなのか・・・その秘密は・・・

いつものように、美味しいお菓子と飲み物をご用意してお待ちしています。


サファリP 「悪童日記」公演  4/15,16  2回公演

サファリPは、昨年の3月「欲望線」というテネシィ・ウィリアムスの「欲望という名の電車」にインスパィァされ、製作された作品が松山での初お目見えでした。

その時に来年「悪童日記」をやりたいのだけど・・・と、山口さんがつぶやかれたのにとびつき、即座にぜひねこでと・・・

「欲望線」のその身体表現と洗練された台詞に、身の内から想像力が湧き上がるような思いに驚いたものです。この度の「悪童日記」も、演劇表現ならではの力強さを裏切らないと思います。

演出家の山口茜さんは「今作品では、文体の舞台化を目指す。果たして私たちはお客さんを、どこにお連れすることになるだろうか」と話されています。

4月15日 (土)18:30~ 16日(日)13:30~ の二回です。ぜひお見逃しなく。


Top