2020年1月

TOON戯曲賞2018 大賞受賞作品 「草の家」公演 

昨年から稽古はスタートしてましたが、今月末から急発進し本格的な稽古が始まりました。

稽古は東温市のアートヴィレッジセンターで、ほとんど毎日となります。

スタッフの方々も非常に意欲的で、すでに2回のスタッフミーティングを行っています。

小道具、衣装などは集まりつつあります。

西村演出は直情型の演出とは異なり、役者との間合いを詰めつつ穏やかに進めています。

舞台美術も面白くなりそうです。

 


「ひみつジャナイ縁日」東京藝大DOORプロジェクト 2/7申込締切

NPO法人シアターネットワークえひめは、DAP(道後アートプロジェクト)の一員として、道後アート2019.2020「ひみつジャナイ基地プロジェクト」を推進しています。
さて3/14,15には、道後の上人坂で「ひみつジャナイ縁日」が開催されます。今年度の道後アートのアートプログラムのお披露目の場であり、障がい者、マイノリティなど、多様なひとびとが主体的に楽しめるようなフェスティバルです。
そこに東京藝術大学のDOORチームが参加します。2月11日から縁日までの全11回で、《当事者との対話-「ひみつジャナイ縁日」をつくろう!》というプログラムを行います。
松山を中心に活動している、社会や周囲との間で違和感を感じている人との対話の中からテーマを見つけ、チームで協働しながら縁日の屋台とそこで行うワークショップを制作し、来場した人々に伝えるプログラムです。ダイバーシティ、福祉、もの作り、地域アート、まちづくり、教育などに興味がある方、ぜひご応募ください。
http://door.geidai.ac.jp/info/d2dmatsudai/

また、同時にプログラムのサポートをしてくださる方を募集しています。
https://dogo-art.com/timeline20200114/


多田淳之介さん WS 開催  1/28(火) 19:00-21:00

松山市文化・スポーツ振興財団主催です。

多田さんのWSは、昨年子ども向けのWSはありましたが、高校生や一般向けには初めてです。
この機会に是非、申し込んで見て下さい。第二弾もあるようです。


1/25,26開催 C.T.T.松山vol.24

出場団体は、以下の3団体,弾き語りはC.T.T.松山では初かも?

■ 劇団ストロングゼロ
作・演出:ムラカミナオ
「深夜のほうの3時ごろ。」

■ 劇団 上下左右
作・演出:城戸妙子
「サイン」

■ たっちゃん
作:武智達哉
「たっちゃんによる弾き語り」

 

【日時】1/25(土) 18:30,   1/26(日) 13:30
【料金】一般 1000円  高校生以下 500円
【問合せ】tel:089-904-7025
mail:theater.neco2012@gmail.com


シアターねこ新聞VOL.67(2020.1.1発行)

67号

  • ラムネ岩の信仰 「あのね、ラムネ岩のね」を観て(美術家。1984年山梨県生まれ、札幌在住。プロジェクト型の作品を数多く制作。 深澤孝史)
  • 四国劇王Ⅶ参戦!!(堀内冨士子)
  • 「ウタとナンタの人助け」感想(越智孝至)
  • 1・2月 シアターねこイベントスケジュール
  • 風のねこは開所して1年半になりました。

 


Top