2019年3月

シアターねこ新聞VOL.57(2019.3.1発行)

57号

  • 存在を信用すること、表現すること ~『草の根の居場所づくり』から考える(松山ブンカ・ラボ ディレクター/愛媛大学社会共創学部助教 戸舘正史)
  • 「特急寝台車」のこと(きよしこのよる 木邨明恵)
  • 「限界芸術論」によせて 1(書く人・編集者・読者 越智孝至)
  • 「アートヴィレッジTOON戯曲賞2018」への思い(シアターねこ 鈴木美恵子)
  • 戯式感想(シロ)
  • 3・4月 シアターねこイベントスケジュール
  • TOON戯曲 大賞決定公開審査会・TOON戯曲2018リーディング公演


アートヴィレッジTOON戯曲賞2018 大賞決定

3/17  決まりました!!   おめでとうございます!!!

みなさんに、東温市のブランド米 30kg が送られました。

大賞 「草の家」       作:守安久二子さん(岡山県)

副賞 「滲む山」       作:稲田真理さん(大阪府)

佳作 「地球と金魚」 作:上原裕美さん(大阪府)

審査員からは、みなさん力作ですと、お褒めの言葉を戴きました。佳作は予定していなかったのですが、5作品

共に甲乙つけがたく急遽、佳作を出すことになりました。

大賞と観客賞をダブル受賞した守安さんは、長編は初めて書いたのですが、それで賞が戴けてとてもうれしいと話されました。

リーディングも観に来てくださり、自分の言葉が人の身体を通して語られる体験は初めてで、

感動されていたのを思い出しました。

「草の家」は2019年度、シアターNESTで上演されます。

 

 


アートヴィレッジTOON戯曲賞2018大賞決定公開審査会 3/17 14:00~

募集開始から約10か月を経て、やっとこの日が来ました。

全国からご応募くださった、45人の劇作家のみなさまに感謝申し上げます。

一次選考通過された5人の劇作家が、大賞決定公開審査会に臨みます。

経験豊富な審査員の方々が、応募作品から何を読み取り、咀嚼し語るべき言葉を選び出すのか・・・

先週末のリーディングをご覧になった方々に、審査員の言葉はどう響くのか・・・

何ともスリリングな一日になりそうな予感!!

いいえ、それは「まな板の上の鯉」状態の大賞候補者の方がドキドキですよねキット。

みなさまにとって、幸せな一日になりますように。

 


Top