Topics

「この病気にならないと理解できないと思います。どうせ、他人事でございましょう」

2020年度より取り組んできた「幻聴幻覚プロジェクト」の報告書(2024年3月発行)です。

文化庁委託事業「令和5年度障害者等による文化芸術活動推進事業」精神障がいのある人の表現活動推進事業報告書

「この病気にならないと理解できないと思います。どうせ、他人事でございましょう」

 


「松山駅周辺地区車両基地跡地広域交流拠点施設の整備に関する要望書」の提出

2024年6月5日に、私たち三団体の代表は、
松山市長宛ての要望書を文化ことば課と一緒に、
担当課である松山市都市整備部交通拠点整備課に提出してきました。
その後、記者クラブにもその旨、要望書も一緒に提出してきました。


シアターねこしんぶんVOL.120(2024.6.1発行)

120号

  • 「さようならシアターねこ」とUnit out本公演10-4『旅人となんにもない家のポルカ』の話(玉井 江吏香/Unit out主宰)
  • 「居るから来る 来るから居る劇場(桝形 浩人/劇団P.Sみそ汁定食)
  • 小劇場から生まれるもの(杉山 準/特定非営利活動法人劇研 理事長)
  • わが心の劇場の閉館に寄せて(和田 喜夫/一般社団法人 日本演出者協会事務局長)
  • コスパの話を、あえて言う。(日曜日よりの使者)
  • イベントスケジュール6・7月


8/20(火)創造集団 歴程「すすむの話」ー大人と子どもも共に平和を考えるお芝居ー

【日時】
2024年8月20日(火)11:00~/16:00~/19:30~

【場所】
シアターねこ
【料金】
一般:2,500円, 高校生以下:800円
【予約・問合せ】
080-7814-2000
メール:rekiteitheater@gmail.com


シアターねこしんぶんVOL.119(2024.5.1発行)

119号

  • 劇場の話、あるいは変化について(工藤 千夏/うさぎ主宰)
  • 場を開く・場の力・地域との関係(荒井 洋文/一般社団法人シアター&アーツうえだ 代表)
  • 世界の中心で納豆を混ぜる(長野さくら/PUBLIC HOUSE はま)
  • イベントスケジュール5・6月


5/18・19(土・日)渡辺源四郎商店Presents うさぎ庵Vol.21「雲を掴む」

渡辺源四郎商店Presents うさぎ庵Vol.21「雲を掴む」

【日時】
5/18(土)14:00,19:00
5/19(日)11:00

【場所】
シアターねこ

【料金】
〔一般〕前売:2500円  当日:3000円
〔学生〕前売:1000円  当日:1000円
〔高校生以下〕前売:無料 当日:500円

【お問い合わせ】
NPO法人シアターネットワークえひめ
089-904-7025


シアターねこカンパニープレゼンツ シアターパーティー NeCoPa Vol.4

シアターねこカンパニープレゼンツ シアターパーティー NeCoPa Vol.4

【日時】2024年4月28(日)

10:30~12:30
こうさくワークショップ
「つくってあそぼうみんなはげいじゅつか」
※おとなもこどもも参加OK

15:00-17:00
コンピレーション
~始まりから、今。そしてこれから。~
※開場は開演の30分前

【料金】無料(投げ銭制) ※途中入退自由
【主催】シアターねこカンパニー
【共催】NPO法人シアターネットワークえひめ/シアターねこ
TEL/FAX: 089-904-7025
mail: neco.company321@gmail.com


シアターねこしんぶんVOL.118(2024.4.1発行)

118号

  • 表現活動を支える存在(松宮 俊文/アートコーディネーター)
  • 「からだ」がひらく/「まち」がひらく(石川 良子/立教大学社会学部教授)
  • 場をつくる。引き継ぐ。(宮本 幹江/NPO法人おおなる工房)
  • イベントスケジュール4・5月


シアターねこしんぶんVOL.117(2024.3.1発行)

117号

  • 同じ空気を吸うこと~「スタ☆タン‼松山 共生社会の宴編」に寄せて(戸舘正史/文化政策・アートマネジマント)
  • コミュニティづくりって要はどう、ともだちになるかってことじゃない?―松山ブンカ・ラボ「こどもの表現を考えるラボ」からのきづきー(阿比留ひろみ/アートコーディネーター、一般社団法人あひるタイガ社 代表理事)
  • 与えられた課題 仕組みを作る(和泉明子/a lot of OPTiONS主宰)
  • 劇場という場所の可能性~ハッピーニューMIRROR BALLを終えて~(池内麻衣/シアターねこカンパニー)
  • 松山演劇界の地図を描く②(日曜日よりの使者)
  • イベントスケジュール3・4月


シアターねこしんぶんVOL.116(2024.2.1発行)

116号

  • 確かなものを一つずつ積み上げていく(沢大洋/全国学生演劇祭プロデューサー)
  • 「よく分からない」を面白がる(牛島光太郎/美術作家)
  • 抗う(湯川潤/劇団花火)
  • 松山演劇界の地図を描く(日曜日よりの使者)
  • イベントスケジュール2・3月

 


最近のコメント

    カテゴリー

    Top