下鴨車窓公演 「冬雷」  10/21.22

下鴨車窓の公演は、2014年の「わたしの焦げた眼球/遠視」以来三年ぶりの公演です。

作・演出の田辺剛さんは、作品の題名からも想像されるように、

いつも詩情にあふれた題名をつけられます。

内容も同じように情感たっぷりのようにも見えますが、実は人間の内面のリアルを

追及されています。それが私には魅力なのです。

ただ今、絶賛予約受付中です。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top