アートヴィレッジTOON戯曲賞2018

公募が始まりました。

審査員は、坂手洋二さん、鈴江俊郎さん、篠原久美子さん、松井周さん、矢内原美邦さん・・・

夫々に作風の異なる方たちが揃いました。

ここのところ、短編戯曲に慣れっこになっていて、

長編にチャレンジするのは大変かもしれませんが、何とか頑張って応募して欲しいと思います。

中四国で戯曲賞は初めてのことです。

戯曲を書くことを、この暑い夏を乗り切るエネルギーにしてほしいなぁと思います。

PDF


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top