DESIRE LINEーー欲望線    サファリ・P 第一回公演

代表の山口茜さんは、第10回OMS戯曲賞大賞。2006年若手演出家コンクール最優秀賞、

文化庁芸術祭新人賞、2015年利賀演劇人コンクール優秀演出家賞1席など、数々の受賞歴がある。

彼女がテネシー・ウィリアムズ「欲望という名の電車」に深くインスパイアされたという作品。

映画ではヴィヴィアン・リーとマーロン・ブランド(監督 エリア・カザン)が、あまりにも有名です。

日本の舞台では、故 杉村春子さんのブランチが圧巻でした。

そんな「欲望という名の電車」から触発されて生み出された作品、「DESIRE LINEーー欲望線」

一見ガラス細工のようなブランチの中に宿る、めくるめくような欲望の果ての懊悩をさぐる・・・

2人の役者と2人のダンサーから生み出されるものとは・・・・

 

欲望線欲望線 裏

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top